【POPダンス】について紹介していきます。

POPダンスというのはストリートダンスに含まれ、

そのなかでも歴史あるダンスのひとつで、

体の筋肉を弾くという意味のPOP(ポップ)というのが

名前の由来となっているダンスです。

簡単なイメージとしてはロボットダンスを

イメージして頂くのが一番分かりやすいく、

正確にはポップには4つスタイルがあります。

ポップスタイル、アニメーションスタイル、

ブガルスタイル、ロボットスタイルがあり、

それぞれ振り付けのスタイルが異なります。

 

 

⭕️どんな種類があるか解説していきます!!

▶ HIT(ヒット)

筋肉を弾くように踊るテクニック(通常、この動きをPOPと言います)で、

腕、首、胸、胃、足、など様々なパーツ(部位)で打ち分けます。

▶ WAVE (ウェーブ)

腕や体を、波が通っていくように見せる動きで、体のパーツ(部位)を別々に動かします。

▶︎ROLL (ロール)

首、胸、腰、膝、足首を、回すような動きで、首、胸、腰、膝、足首まであり、アイソレーションと似た動きですが、体の動かし方には違いがあります。

▶ TICKING (ティンッキング)

コマ送りのように動く動作。曲のビートに合わせて、連続でポップをどんどん打つテクニック。

▶ TUT (タット)

エジプトの象形文字をモチーフにした動き。

▶ MOONWALK (ムーンウォーク)

マイケル・ジャクソンのムーンウォークで有名な、スライドステップで、体重移動や、足の向きなどの角度が大事です。

 

 

その中でもポップダンスはウェーブやヒットなどのテクニックが有名です。 

体の各部位が別々の動きをとるような人間離れした不思議な動きが、

ポップダンスの特徴となります。

マイケル・ジャクソンのダンスで有名になった、

ムーンウォークもポップダンスの一部です。

 

 

はじめにPOPダンスと聞いて

『POPダンスって何?』となってしまう方も多いと思いますが、

動画を観たりすると見たことあるようなダンスで、

誰が見ても『凄い!かっこいい!』と思うダンスではないでしょうか。

筋肉を弾くように踊ったり、腕や体を、波が通っていくように魅せたりと、

ヒットしたりウェーブしたりと体の部分を別々に動かしたりすることは

凄く難易度が高く高度な技術です。

 

技術の高いPOPダンスを今回ご紹介させていただいたのは

なんと5月に新開講するクラスに新しく”POPダンス”のクラスが開講するからです!新しく開講するPOPクラスを担当していただく先生はShum先生です。

Shun先生には《houseダンス・POPダンス》の2ジャンルのダンスレッスンを受け持っていただきます!

 

Shum先生のPOPクラスのレッスン紹介ページはこちら♪

 

Shum先生のHouseクラスのレッスン紹介ページはこちら♪

(Visited 9 times, 1 visits today)

コメントをする

※メールアドレスは公開されません


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

先生の新着ブログ

Studio1

〒530-0056 大阪府大阪市北区兎我野町3-18
ファイブコート梅田 1階

泉の広場M14出口の階段を左に上がって道沿いに歩き、賃貸住宅サービスと大原簿記専門学校の間を右折して進みます。1つ目の信号で道が4方向に分かれているので左前(左から2番目の道)に進み、40mほど先、右側の1階店舗です。

Studio5

〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町3-27
昭和太融寺ビル 5階

泉の広場M14出口の階段を左に上がってまっすぐ200mほど。1階に賃貸住宅サービスさん、2~4階が美容室のビルの5階です。

Studio8

〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町2-18
富士林プラザ8番館 8階

泉の広場M14出口の階段を左に上がってまっすぐ270mほど。studio5から東に70m。1階に鍼灸接骨院のビルの8階です。