”タップダンス”と”アイリッシュダンス”の違い


タップダンスも、アイリッシュダンスも専用の靴を履き、つま先とかかとを使ってリズムを刻みます。
タップダンスは体を自由に使い、音を鳴らすのに対し、
アイリッシュダンスは上半身を動かさず、足はクロスにしたまま音を鳴らします。

 

 ”タップダンス”と”アイリッシュダンス”の歴史

16世紀、アイルランドはイングランドの植民地となっていました。
外から監視されていた時に、窓から見てもダンスをしていると分からないように、上半身を動かさず下半身だけを使って床をコツコツ踏み鳴らした事がアイリッシュダンスの始まりと言われています。

18世紀、アメリカでは黒人奴隷は強制労働を強いられていました。労働後の楽しみであったドラムを、白人が一切禁止しました。
ドラムの替わりに足でリズムを踏み鳴らしたと言います。

その頃、アイルランド人は新天地を求めアメリカに移住を始めました。

この2つが融合し、タップダンスが生まれたという諸説があります。

 

 

 ”タップダンス”の種類

▲シアタータップ

          (タップダンス➕ミュージカル)

▲リズムタップ

          (タップダンス)

▲ファンクタップ

          (タップダンス➕ヒップホップ)

※( )イメージです。

 

 ”アイリッシュダンス”の種類

■ステップダンス

       □ハードシューズ:木靴(音を鳴らす)

       □ソフトシューズ:バレエシューズ(音は鳴らさない)

■セットダンス (男女1組でフォークダンス)

 

 

 

 

(Visited 161 times, 1 visits today)

Studio1

〒530-0056 大阪府大阪市北区兎我野町3-18
ファイブコート梅田 1階

泉の広場M14出口の階段を左に上がって道沿いに歩き、賃貸住宅サービスと大原簿記専門学校の間を右折して進みます。1つ目の信号で道が4方向に分かれているので左前(左から2番目の道)に進み、40mほど先、右側の1階店舗です。

Studio5

〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町3-27
昭和太融寺ビル 5階

泉の広場M14出口の階段を左に上がってまっすぐ200mほど。1階に賃貸住宅サービスさん、2~4階が美容室のビルの5階です。

Studio8

〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町2-18
富士林プラザ8番館 8階

泉の広場M14出口の階段を左に上がってまっすぐ270mほど。studio5から東に70m。1階に鍼灸接骨院のビルの8階です。