毎週月曜日のベリーダンスクラスを担当しているのは「SAYAKA先生」です。2008年からベリーダンスを始めたSAYAKA先生は本場のエジプトに足を運んで学ばれた本格派。ベリーダンスのプロの道に進むために、当時通っていた専門学校を中退してプロの道にすすんだと話されました。

SAYAKA先生にインタビューを行いプラスカルチャーで教えるベリーダンスについてお話を聞きました。

 

ベリーダンス SAYAKA先生 インタビュー

 

よろしくお願いします。まず、先生のプロフィールを教えてもらえますか?

2008年からベリーダンスをはじめました。

2011年から講師としてプロの仕事をはじめ、今年の7月にプラスカルチャーさんでクラスを持たせていただくようになりました。(インタビューは2017年11月)

 

ベリーダンスを始めたきっかけは何だったのでしょう?

実は、はっきりとは覚えていないんです。笑

3歳の頃からクラシックバレエを習っていたので大人になっても何かしたいなという気持ちはありました。

クラシックバレエは小学生のときに一度辞めたので、大人になってからもう一度習おうと思い教室に通ったのですが、その時の教室の横でたまたまベリーダンスの練習をしていたんですね。

「楽しそうだな」と思って、ベリーダンスを調べてみると教室が色々と出てきました。そこから興味を持ち習いはじめたのがベリーダンスとの出会いです。

最初、教室に行った瞬間に「このダンスでプロになる」と直感で決め、当時通っていた専門学校をやめてプロを目指しました。

 

先生の思う、ベリーダンスのプロとはどのような人ですか?

明確な定義があるわけではありませんが、それで生計をたてている人はプロだと思います。人に教えて、人からお金をいただいて何かをする立場にたっていればプロじゃないかなと。

だからこそ、私自身もプロとして、自分の技術や生徒さんのレベルに責任を持ちながら成長していきたいと思っています。

 

ベリーダンスの魅力はどのようなところでしょうか?

女性らしいところですね。

自分の持っている「女性らしさ」や「強さ」など、内側の気持ちを表現できることがベリーダンスの魅力だと思います。

私のスタイルはエジプトで発祥した「エジプシャンダンス」と呼ばれるスタイルのダンスになります。エジプトの音楽や衣装で踊るスタイルです。これも音楽を聴いた瞬間にピンときました。

いろんな先生のクラスを見ていたのですが、エジプシャンダンスの先生と出会いエジプトの音楽で踊っている姿をみて「これや!私が探していたのはエジプトの音楽や!」と思い、エジプシャンダンスでいくと決めました。

 

ベリーダンス SAYAKA先生 インタビュー

 

ベリーダンスを続けてきてよかったなと思うことは?

性格が変わりましたね。

筋肉がつくと性格が変わるんですよ!笑

 

体が引き締まることで女性らしい体になり自信がつく、ということでしょうか?

ベリーダンスって、丹田(たんでん)を凄く意識するダンスなんですね。丹田を中心に踊るダンスです。

人間の体は不思議なもので、身体の芯にあたる丹田が整うと肝が座ります。自分自身と向き合えるようになるというのでしょうか。落ち着くようになっていきます。

芯が整ってくるので、ふわふわすることがなくなり、どっしりと構えることができます。言葉で表現するのは難しいのですが、その感覚を持てるようになれば、自信もつき性格も変わってくるんです!

 

SAYAKA先生のクラスにご参加されるかたはどんな人が多いのですか?

個性的な人が多いと思います。

通いはじめはそうでなくても、ベリーダンスを習っているうちに個性が発揮されていくという人が多いように感じます。

これも、ダンスを通じて、丹田が整ってきて内面に隠していたものが外に出せるようになっていくからだと思います。

皆さん明るくなっていきますし、すごく貪欲になっていくなと感じています。ダンス以外の物事に対してもそうです。ベリーダンスをもっと上手くなりたいという気持ちや貪欲さが仕事に向き自分の成長に結びつくこともあるので、良いことだらけだと思いますね。

 

先生自信も性格が変わったなと感じますか?

オープンになったと思います。

良い意味で周りのことを気にしなくなりました。どのような場面でも自分を出せるようになりましたね。

 

ベリーダンス SAYAKA先生 インタビュー

 

 

プラスカルチャーと出会ったきっかけを教えてください。

新しいところ、新しい環境でベリーダンスを教えたいなと思い、ホームページを探していました。そこで見つけたことがプラスカルチャーさんとの出会いです。

ここにしようと思ったのも直感で、スタジオに初めて来てオーナーの古川さんとお話ししているうちに、「やっぱりここやな」と思いました。

教えはじめたのが今年の7月からなのでまだ日は浅いですが良い環境に恵まれたと感じています。(インタビューは2017年11月)

 

他のカルチャースクールとプラスカルチャーの違いはどのような点でしょう?

古川さんのような方がオーナーでおられるとこですね。

人が違うとスクールの雰囲気も全然違うので。

プラスカルチャーさんに来る生徒さんたちは、ベリーダンスや古川さんが好きだから来ているんだなと思います。

 

SAYAKA先生の師匠はどのような方なのですか?

プロになってから体の仕組みをもっと勉強したいと思い解剖学を学びはじめました。

生徒さんの体に責任を持つことになるので、教えるときに筋肉や骨のことがわかっていないといけません。

また、それを活かして自分のダンスもうまくなりたいのでLotus先生というかたに個人レッスンをお願いしています。先生はエジプトにも精通しているので、向こうの文化を知るきっかけにもなりますし、お世話になっています。

 

SAYAKA先生のこれからの目標は何でしょうか?

まずは、自分のダンスをもっと高めたいです。上を目指せばやるべきことはまだまだ沢山あるのでレベルを上げていきたいと思っています。

また、ベリーダンス自体の認知度も低いので高めていきたいと思っています。

ベリーダンスをしている人で世間に露出をしていくことで、沢山の人の目につくようになります。私もそうですし、私の生徒のかたもそうです。皆さんのダンスのレベルが上がり「あのダンス魅力的だな」と思ってもらえるきっかけをプラスカルチャーさんのようなスクールを通じて広めていきたいなと思っています。

私一人だけ上手くなっても影響力は小さいので、生徒の皆さんが上手くなれるようにしっかり教えていきたいですね。

はじめてベリーダンスを見た人に「ベリーダンスってこんなもんなんや」と思われたくないですし、感動を与えられるようにしたいです。大阪、ひいては日本全体のレベルが上がればいいなと思います。

 

ベリーダンス SAYAKA先生 インタビュー

 

 

 

プラスカルチャーからのコメント

SAYAKA先生は、圧倒的な「カリスマ性」を持っている先生です。普段の立ち振る舞いや言葉にオーラと力があり人を惹きつける魅力を持っているかただと感じています。

一見話しかけにくい雰囲気でもありますが、実は喋ってみると凄く楽しい先生で、生徒様たちからも「レッスンが面白い!」と沢山のお声をいただく人気の先生です。

初めて応募があった時も「ベリーダンスというカテゴリーでも先生によってスタイルが様々。なので、いくつかクラスがあっても良いのでは?」と私が考えていた時でした。

それまでは、「1つのダンスは1人の先生」というルールにしていたので、そのタイミングでなければ一緒に仕事をしていなかったかもしれません。

SAYAKA先生から応募があった時に先生が踊っておられる動画を送ってもらいましたがそのダンスをみて感動したことを覚えており、SAYAKA先生という誰から見ても魅力的な先生とご縁をいただけたことにとても感謝しています。

人を惹きつけるダンスとカリスマ性が魅力のSAYAKA先生。

SAYAKA先生にしか教えられないことが沢山詰まったレッスン時間です。

ご興味をお持ちいただけましたら是非体感しにお越しください。

 

 

ベリーダンスレッスンご紹介ページ・SAYAKA先生のブログページはこちら
(Visited 558 times, 2 visits today)